高知がん患者支援推進協議会,高知がん支援団体
hoge hoge hoge hoge hoge hoge

活動内容

私たちのプロジェクトが生まれた背景

私たちは次に挙げるような現状を解決するために、「がん患者・家族を地域ぐるみで支える仕組みの確立」が必要だと考えています。

  • 地域では医療情報が不足している。
  • 安心して納得ができる医療を受けられずにいる。
  • 納得できる治療法の選択が自らできずにいる。
  • 地域で支援する体制ができてない。
  • 医療情報の適切な提供を行う相談者、支援者がいない。

私たちの目標と計画

●患者・市民に向けて

患者・家族が、地域で、がんに関する様々な問題を相談できることにより、安心して療養する事ができます。
病院やサロンで「心のケア支援相談員(※)」が対応にあたり、サロンを広める仕組みができます。

(※)「スピリチュアルケア研修」を受け患者サロンや在宅、病院を訪問しながら、患者・家族の心のケアに取り組む人材
(※※)高知県内の病院、訪問看護ステーション、相談窓口、患者会情報などをまとめた冊子

●他の地域への普及

好事例として発表することにより他県への普及をはかります。これらの目標を達成するために、がん患者とその家族、医療や行政に携わる人々、地域の方々とつながりながら本プロジェクトを進めていきます。

こんな動きにつなげたい・こんな効果を引き出したい

  • 「心のケア支援相談員」が活動を開始します。
  • 「在宅スピリチュアルケア」の必要性を学び、実行に移します。
  • がん患者や家族に、高知でのがん情報を提供します。
  • がん治療の相談を受けられる状態ができます。

私たちは、地域の皆さんとコミュニケーションの場を設けます。